忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://www.geocities.jp/restrer/
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
12
456 89
111213 1516
181920 2223
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
186   185   184   183   182   181   180   179   178   177   176  


492
ゴールデンウィーク早々の話題としてはどうかと思いますが、Wikipediaによると、
五十肩は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。従来は腱板損傷や石灰性腱炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩含めない。すなわち、つぎの3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。
 1. 肩に疼痛(痛み)と運動障害がある
 2. 患者の年齢が40歳以降である
 3. 明らかな原因がない
 
ふむ、五十肩と四十肩は同じ事なんですね。正確には肩関節周囲炎といい、人によって発症する時期が異なると言うことなのでしょう。
 
もう数カ月前のことですが、クルマの運転席に座っていて、後席に置いたなにかをつかもうとして身体を半分ひねり、左腕を伸ばしたところ肩のあたりがピキッと(音はしない)痛みが瞬間走り、それ以来ずっと左肩を動かすと痛みがあります。
 
今年で54歳、そりゃいつ五十肩になってもおかしくはありません。それよりも一応原因というか無理にひねってしまったことによる腱板損傷の可能性もあり、よくわかりません。でももう最初に痛みを感じてから何ヶ月も経っているのにまだ痛むので、人にあって自分にないのも寂しいから、これは五十肩ということにしておこうかと思っています。
 
腕は細く筋肉質体型でもないのですが、小学生から中学生の頃にかけて野球が大好きな体育会系少年でしたので、肩の強靱さは多少なり自慢できるぐらいのものでした。大学生の頃スポーツテストで、大きく軽いソフトボール投げのテスト(最近は大学生はハンドボール投げらしいが私の時はまだソフトボール投げだった)では普通の男性で40~50mぐらいのところ、70m以上投げたのも私です。野球の軟式ボールなら軽く80m以上投げる自信はありました。
 
そんなことで、肩は相当鍛えていたので、40半ば頃、同僚や同年代の多くが「いや~借金で首が回らない上に四十肩で腕もまわらない」とか「とうとう五十肩みたいでそりゃ痛くてねぇ」と言っていたのを聞いても、あまりピンときませんでした。
 
利き腕ではない左肩と言うこともあり、今のところは別に日常生活に支障はなく、たまに腕を大きく後方や上方へ動かすような時に痛みが走るぐらいで済んでいますが、右肩に発症するとなにかにつけて不便だろうなと思います。今のところはその心配はありませんが、ある日突然やってくるらしいので、予防のため折を見つけては軽いストレッチをしています。




リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
カレンダー
 
05  2017/06  07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 8 9
11 12 13 15 16
18 19 20 22 23
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/31 すいか男]
[04/08 area@管理人]
[04/08 すいか男]
[11/22 Anonymous]
[11/03 restrer@管理人]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ