忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://restrer.sakura.ne.jp/
Calendar
<< 2019/04 >>
SMTWTFS
12 45
789 1112
141516 1819
212223 252627
282930
Recent Entry
ここ10数年間にみた映画(2) 2019/4/24(水) 2019-04-24
暗黒の1950年代 2019/4/20(土) 2019-04-20
4月前半の読書と感想、書評 2019/4/17(水) 2019-04-17
「今日は○○の日」が多すぎて 2019/4/13(土) 2019-04-13
2019年3月に見た映画 2019/4/10(水) 2019-04-10
ボーイスカウトという組織は生き残れるか? 2019/4/6(土) 2019-04-06
3年以内に3割以上の人が辞めちゃうけど 2019/4/3(水) 2019-04-03
3月後半の読書と感想、書評 2019/3/30(土) 2019-03-30
自分の長所と短所は他人の短所と長所でもある 2019/3/27(水) 2019-03-27
キャッシュレスの流行にあえて逆らってみる 2019/3/23(土) 2019-03-23
トイレのリフォームはいつやる? 2019/3/20(水) 2019-03-20
3月前半の読書と感想、書評 2019/3/16(土) 2019-03-16
2019年2月にみた映画 2019/3/13(水) 2019-03-13
日本とドイツ比べてみると 2019/3/9(土) 2019-03-09
北方領土交渉の行方 2019/3/6(水) 2019-03-06
2月後半の読書と感想、書評 2019/3/2(土) 2019-03-02
格安スマホ(MVNO)を利用してきて思ったこと(2) 2019/2/27(水) 2019-02-27
格安スマホ(MVNO)を利用してきて思ったこと(1) 2019/2/23(土) 2019-02-23
ここ10数年間にみた映画(1) 2019/2/20(水) 2019-02-20
2月前半の読書と感想、書評 2019/2/16(土) 2019-02-16
Recent Comment
Category
227   226   224   223   222   221   220   219   218   217   216  



532
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1  2010年英・米 

監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン

ハリポタシリーズの最終章の前編ですが、シリーズすべてをちゃんと見たわけではないので、内容がわかるかどうか心配でしたが、案の定登場人物の過去の経緯がわからず苦戦しました。

ま、楽しめればいいやということで、割り切って見ましたが、魔法の数々にもさすがに新鮮さはなく、ちっちゃくて可愛かったダニエル・ラドクリフもすっかり大人顔になり、ファンタジーというよりは冒険活劇に近くなりました。そりゃ第1作の賢者の石が公開されてから10年ですからね。

また30~40年ほどしたらリメイク版が作られたりするのでしょうけど、子供の頃にワクワクして観た中年達がこぞって子供を連れて映画館へ(40年後にまだ映画館があるのかはわかりませんが)いく様子がなんとなく想像できます。

そんなわけでひとつのストーリーが完結するわけではなく、途中でプッツリと終わってしまうので、消化不良のままです。Part2を観に映画館へ行けばいいのでしょうけど、その気にはなれず、また半年後にDVDを借りようと思ってます。


十三人の刺客 2010年東宝他

監督:三池崇史 出演:役所広司、山田孝之、沢村一樹、伊勢谷友介、伊原剛志、稲垣吾郎、松方弘樹、市村正親

昨年の日本の映画賞はノミネートされながらも「悪人」や「告白」に負けて受賞することはなく、大作ではあるものの、いまいち盛り上がらなかった映画でした。

タイトルから想像できるように、七人の侍インスパイヤ的な内容で、徹底して悪事を尽くすひ弱っぽい稲垣吾郎扮するお大名を懲らしめるため、役所広司以下、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、高岡蒼甫、伊原剛志、松方弘樹などが立ち上がり、最後には一人を除き討ち死にしてしまうという物語です。

後半延々と続く殺陣のシーンは迫力があってまぁいいのですが、敵も味方もあまりに数が多くて、なにがなんだかだんだんとわからなくなってきてしまい、予定通り最後のお大名ととの一騎打ちまでのあいだまでに観ている方も休まるときがなく疲れ果ててしまいました。

やっぱり13人よりは7人ぐらいのほうがちょうどいいのではないかと思った次第です。


SPACE BATTLESHIP ヤマト 2010年東宝

監督:山崎貴 出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、堤真一、西田敏行、山崎努

私の中高生の頃に絶賛公開中だったSFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画版です。監督は「ALWAYS 三丁目の夕日」などで売り出し中の山崎貴、主演は古代進役の木村拓也、ヒロイン森雪は当初予定されていた沢尻エリカが活動謹慎になったため、急遽代役となった黒木メイサ、その他に沖田艦長に山崎努など豪華キャストです。

ま、アニメの時は30分番組で合計26回、正味20分としても約9時間に及ぶ元々は長いストーリーですから、それを2時間弱の限られた時間で表現するのは、かなり厳しいだろうと思っていましたが、その通りで大幅にストーリーが変えられていました。元々の原作者であった松本零士氏が「ヤマトはもう私の手から離れた」と言っていた意味がよくわかります。ちなみにこの映画の原作は西崎義展となっています。

CGの出来は、細かな点では実写版とはおこがましいとも思いましたが、意外とまずまずよくできていたように思いました。そこには山崎監督のこだわりがあったのでしょう。

実写版でもアニメ映画版と同様、続編が次々と作られるのでしょうか?興行的に成功したとも聞かないのでそれはたぶんないでしょうね。ま、どちらでもいいのですが。




リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
 
03  2019/04  05
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 11 12
14 15 16 18 19
21 22 23 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[04/02 area@管理人]
[04/02 わんこ]
[03/05 Anonymous]
[01/16 area@管理人]
[01/06 通りすがり]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR

Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ