忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://www.geocities.jp/restrer/
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
234 67
91011 1314
161718 2021
23242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
438   437   436   435   434   433   432   431   430   429   428  


743
日本にはほとんどの人が知らないというのを含めて多くの出版社がありますが、零細規模だったり資本的に不安定なところも多く、今までに数多くの出版社が倒産、廃業、休止を余儀なくされています。

しかし調べてみてわかったのですが、意外に出版社の倒産、特に大型倒産というのは少なく、他の業界、例えば建設業や不動産業、金融業、製造業、飲食サービス業などと比べてみるとこの長引く不景気の中でも不思議と大手出版社はつぶれていません。

理由をいくつか考えてみると、大手出版社は自社でビルなど不動産を持っているところが多く、人件費以外の経費はあまりかかず逆に出版以外の収入が得られていること、出版は昔のやりかたとは違い、発行部数が少なくても出しやすく、大きなリスクを背負うことがないこと、若い人が活字離れしても、その代わりにコミックやライトノベルはよく売れ、一方電子書籍の伸びは緩慢で、一気に書籍と置き換わりそうもないこと、比較的裕福な書籍好きな団塊世代がリタイアし、暇になって書籍をよく買ってくれるなどなど。

10年前なら倒産した出版社から発行されていた書物は廃刊となり、手に入れるのが難しかったのですが、Amazonのおかげで全国の古書店やリサイクル店からたいていの本は出品されており、簡単に手に入りやすくなったのは素晴らしいことです。

「ネットのせいで紙情報が主体の出版社が次々と倒産」と思いがちですが、意外とそうでもなく、2000年以前と2005年以降と比較しても年間の倒産、廃業件数はさほど変わりません。ネットが流行すれば出版社もいち早く体制を変化させたり、多様化することで生き延びていたり、逆に売れるコミックにシフトをしたり電子書籍などをいち早く手掛け、売上を伸ばしている会社もあります。

新聞の発行部数のピークは1997年でそれ以降はずっとダウントレンドですが、雑誌や書籍などを扱う出版社も影響がもっとも大きいのは「若者の活字離れ」ではないでしょうか。書店数も同様に1990年代後半以降ずっと減少しています。

出版社というのは一種読書や書籍の趣味が高じ、会社を作った、あるいは大手出版社に勤務していたが、大手では扱わない自分の好きな本だけを扱ってみたいという編集者が独立してみたいな個人商店規模のところも多く存在し、スポンサーが撤退、あるいは死去すると、そこで終わりということもありそうです。

また倒産や経営悪化後に、有志達や新たなスポンサーの元で新会社を設立して前の会社の事業を引き継ぐというケースもあります。河出書房が河出書房新社に、中央公論が中央公論新社へと「新社」と名が付く出版社はそういう所以があります。

下記は2000年~2013年上半期までに業務委譲、活動休止、倒産、廃業して実質活動を終えた出版社の一覧です。

  2000年
        釣りの友社        自己破産
        ペヨトル工房        解散
        アクセラ        事業停止
        青年書館        倒産
        小沢書店        自己破産
        博品社        廃業
        柏樹社        廃業
        マインド出版        廃業
        葉文館出版        倒産
        あゆみ出版        休業
        飛天出版        自己破産
        駸々堂出版        自己破産

  2001年
        同文書院        民事再生法の適用を申請。出版事業は継続中
        梧桐書院        民事再生法申請
        十月社        倒産
        長崎文献社        倒産
        経営実務出版出版        業務停止
        ティーツー出版        民事再生法申請
        都市文化社        倒産
        銀河書房        倒産
        成星出版        倒産

  2002年
        柴田書店        民事再生法の適用を申請。出版事業は継続中
        勁文社        倒産
        同朋舎        倒産
        社会思想社        倒産
        ワラヂヤ出版        破産
        梧桐書院        民事再生法の適用を申請。出版事業は継続中
        あゆみ出版        破産
        創樹社自己        破産
        一粒社        廃業
        さくら出版        破産

  2003年
        婦人生活社        破産
        日刊工業新聞社        産業活力再生特別措置法適用申請。出版事業は継続
        デジキューブ        自己破産
        光芒社(旧・丸山学芸図書)        廃業
        ノースランド出版        自己破産
        アップフロントブックス        事業停止、解散
        アミューズブックス        事業停止、解散
        シュベール出版        倒産

  2004年
        デル・プラド・ジャパン        自己破産
        アルプス社        民事再生法適用申請。翌月ヤフーの子会社化、吸収合併
        美術公論社        廃業
        大明堂        廃業
        ギャップ出版        自己破産申請
        東京布井出版        破産

  2005年
        ソフトマジック        破産
        平和出版        任意整理
        文献出版        解散
        メタローグ        倒産
        岩崎美術社        廃業
        ぺんぎん書房        倒産

  2006年
        ビブロス自己破産        
        ナウカ        倒産
        アポロコミュニケーションなど3社        民事再生法申請、2007年にぶんか社の子会社化
        続群書類従完成会        不渡り倒産
        史輝出版        消息不明
        アクタスソリューション        自己破産
        経林書房        破産
        碧天舎        自己破産

  2007年
        リーフ出版・雄飛        破産
        英知出版        連鎖倒産
        あおば出版        破産
        桃園書房・司書房        自己破産
        朝日ソノラマ廃業        朝日新聞社へ版権譲渡
        エクスメディア        自己破産
        山海堂        自己破産
        アートン        会社整理
        白鳳社        廃業
        チクマ秀版社        解散
        夏目書房        業務停止
        英知出版        破産手続き開始
        生活情報センター        破産手続き開始
        嶋中書店会社        解散手続き開始
        東京法経学院出版        民事再生法の適用を申請
        司書房        破産

  2008年
        新風舎        破産手続き。事業は文芸社へ譲渡
        草思社        民事再生法適用申請。出版事業は継続。のち文芸社の子会社化
        はまの出版        自己破産申請
        アスコム        民事再生法適用申請。出版事業は継続
        大阪書籍        民事再生法適用申請。出版事業は継続。日本文教出版に教科書版権譲渡
        九天社        自己破産
        日本洋書販売        自己破産
        詩学社        倒産
        マガジンファイブ        解散
        雁書館        廃業
        彌生書房        営業休止
        歴史春秋出版        民事再生法の適用を申請
        アーカイブス出版        民事再生法の適用を申請
        スタジオ・セロ        破産

  2009年
        メディア・クライス(旧・バウハウス)        自己破産を申請
        ユーリーグ        民事再生法の適用を申請。中心事業はいきいき株式会社に譲渡
        雄鶏社        自己破産を申請
        一橋出版        自己破産を申請
        社会保険新報社        自己破産
        エム・ピー・シー        自己破産
        ゴマブックス        民事再生法の適用を申請
        デプロ        自己破産を申請
        草の根出版会        自己破産申請
        ナイタイ出版        破産
        日本聖書刊行会        解散

  2010年
        日本スポーツ出版社        破産申請
        CCRE        民事再生法の適用を申請
        一草舎        任意整理解散
        工業調査会        事業停止
        東京三世社        事業停止、廃業
        理論社        民事再生法の適用を申請
        KI&Company        倒産
        コンシャスプレス        破産
        民事法情報センター        解散

  2011年
        短歌新聞社        廃業
        パロル舎        倒産
        ブレーン出版        破産手続き開始
        編書房        解散・廃業
        講談社インターナショナル        解散
        中央書院        破産

  2012年
        レッスンの友社        事業停止
        武田ランダムハウスジャパン        倒産
        どうぶつ社        廃業
        オルディ        破産手続き開始
        アメーバブックス新社        解散
        エフ企画        業務停止
        霞ヶ関出版社        廃業
        学会出版センター        廃業
        教学研究社        破産
        工業調査会        破産

  2013年
        明文図書        自主廃業


その多くは一般の人にはあまり馴染みのない出版社ですが、個人的には2007年の「山海堂」、2009年の「ゴマブックス」が気になります。「山海堂」はクルマ関連の雑誌や書籍をよく購読していましたし、「ゴマブックス」は新書などで何冊か読んだことがあります。

「ゴマブックス」と「ごま書房(新社VM)」はよく間違われるようですが、元々はまったく関係のない会社で、一時期は事業の一部の譲渡を受けて「ごま書房」でゴマブックスを傘下に入れていましたが、経営悪化のため手放しました。

いずれにしても、書籍や新聞など紙媒体の電子化は、エコ(環境)や輸送配達コストの増加など長い眼で見ると避けられないわけですが、それには3年5年という短期中期レベルではなく、10年20年というゆっくりした長期的な変革となるでしょう。

だって今の老眼の入った中高年者が、今さら小さなスマホやタブレットの画面で新聞や書籍を読むなんて考えられません。その人達が新聞も書籍も読めなくなり需要がなくなるまでは、あと20~30年はかかりそうです。


【関連リンク】
709 Amazonにガチ対抗できるのはイオンかセブン&アイか
702 アマゾンジャパンは国内の小売り業を破壊するか?
698 世界と日本の書籍ベストセラーランキング
582 新聞に想うこと その2
581 新聞に想うこと その1
573 年賀状不要論への反論
537 新聞・テレビが2011年どころか10年後でも消滅しない3つの理由
509 本屋大賞ノミネート作品について
382 マスメディアと評論家を信じてはいけない
358 テレビ・新聞に未来はない?
341 新聞、雑誌、書籍など紙媒体はなくなるか?
330 消滅する書店
285 創刊60年を越える雑誌「丸」について
159 ユーズド書籍





リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
 
06  2017/07  08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 13 14
16 17 18 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[05/31 すいか男]
[04/08 area@管理人]
[04/08 すいか男]
[11/22 Anonymous]
[11/03 restrer@管理人]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ