忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://restrer.sakura.ne.jp/
Calendar
<< 2019/08 >>
SMTWTFS
12
456 89
111213 1516
181920 2223
25262728 293031
Recent Entry
やっとのことでJ:COMを退会した その4 2019/8/24(土) 2019-08-24
やっとのことでJ:COMを退会した その3 2019/8/21(水) 2019-08-21
8月前半の読書と感想、書評 2019/8/17(土) 2019-08-17
やっとのことでJ:COMを退会した その2 2019/8/14(水) 2019-08-14
やっとのことでJ:COMを退会した その1 2019/8/10(土) 2019-08-10
会社の辞め方、送り出し方 2019/8/7(水) 2019-08-07
小説の舞台を歩く(佐々木譲著編その2) 2019/8/3(土) 2019-08-03
7月後半の読書と感想、書評 2019/7/31(水) 2019-07-31
小説の舞台を歩く(佐々木譲著編その1) 2019/7/27(土) 2019-07-27
トイレ個室の空き不足対策決定版 2019/7/24(水) 2019-07-24
国会議員を半分に減らす方法 2019/7/20(土) 2019-07-20
7月前半の読書と感想、書評 2019/7/17(水) 2019-07-17
雇用と働き方が変化したこの30年 2019/7/13(土) 2019-07-13
2019年6月に見た映画 2019/7/10(水) 2019-07-10
塩分取得過多を反省する 2019/7/6(土) 2019-07-06
6月後半の読書と感想、書評 2019/7/3(水) 2019-07-03
食糧不足と完全食 2019/6/29(土) 2019-06-29
睡眠の不思議について 2019/6/26(水) 2019-06-26
最新の住宅と空き家統計について語る 2019/6/22(土) 2019-06-22
夜でも無灯火走行のクルマをよく見かける 2019/6/19(水) 2019-06-19
Recent Comment
Category
111   110   109   108   107   106   105   104   103   102   101  



417
うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である」とwikipediaに書いてありますが、どうもこれだけではよくわかりません。
 
厚労省の患者調査によると、気分障害の患者数は1996年433千人、1999年441千人、2002年711千人、2005年924千人、2008年1041千人と12年間で2.4倍と急速に増えてきています。また世間体などを気にして病院等で受診、治療をしていない人が、実際はこの患者数の数倍はいるのではないかとも言われています。
 
私が社会人になった30年前に、後輩が誰も知り合いのいないところへ転勤して間もなく、会社に出社しなくなったと人づてに聞き、よく話しを聞くと少し前から「朝が起きられない」「やる気はあるが身体がだるくて力が入らない」と言って上司がいくら厳しく注意しても改善しなかったそうです。
 
当時はまだうつ病など気分障害は一般的ではなかったので、会社からは「なまけている」「睡眠障害(多眠症)」と思われていたそうで、過去に1年間ほど一緒に働いていた私のところにも、本人の素行や病歴について質問がきました。しかし当時はいたって真面目で、連絡なしで来なかったりしたことはなかったので、信じられない思いでしたが、今思えば完全にうつ病の典型的な症状だったように思います。
 
気分障害の国際比較では日本は先進諸国の中では低く出ていますが、先に述べたように、日本人の国民性からすると、欧米のように風邪を引いたときのように気軽に神経科や心療科に通院することを嫌がり、会社や世間体を気にして仕事や社会生活に不利益や差別を被ると思い、隠す慣習が今でも根強くあるせいかもしれません。
 
Prevalence of mental health problems(メンタル・ヘルス問題の普及 2009年)
 
うつ病に罹りやすい年代はあるのかということで、年代別に見ると総数では30歳代から70歳代まで平均的に散らばっています。つまり特定の年代に偏った病気ではないということです。ただし男女比で見ると20歳代、60~70歳代では圧倒的に女性の割合が多く、その他の年代でも女性の比率が男性より高くなっています。
 
年代    総数 (男性 女性)
20歳未満  15千人 (6 9)
20歳代   85千人 (25 60)
30歳代  181千人 (79 102)
40歳代  189千人 (84 105)
50歳代  168千人 (71 97)
60歳代  179千人 (59 120)
70歳代  164千人 (46 118)
80歳以上  61千人 (15 46)

 
20歳代の女性は、社会に出て仕事や人間関係に悩んだり、恋愛、結婚関係を原因とすることが多く、60歳代以上の女性は更年期障害とともに、定年退職した夫との関係や配偶者との死別、健康問題などの原因が考えられます。
 
意外に思ったのは、40~50歳代の男性中高年者で、体力の衰えから仕事がキツイとか、退職勧奨などリストラの恐れとともに、住宅ローンや子供の教育費など金銭的に一番たいへんな時期で、女性よりも精神的抑圧が多いかと思っていましたが、他の年代と比べて男女差は小さくなっていますが、患者数は女性より低いままです。また自殺数の男女差は各年代とも男性が女性に倍以上の大差をつけて圧倒的に多いので、よく言われているうつ病と自殺との関連は、性差で見る限りは一致していないように見えます。
 
うつ病は「誰でもかかる可能性がある」「かかりやすい」ことから「うつ病は心の風邪」という表現がされることがあります。一方では「うつ病は放っておいても治る」「気の持ちようで治る」と誤解をする人も多いそうです。しかし風邪と違って「時間がたてば自然に治る」という病気ではないそうです。次回は治療法などの検証をします。

その2へ続く


リストラ天国TOP

おやじの主張(リストラ天国 日記アーカイブス)

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
 
07  2019/08  09
S M T W T F S
1 2
4 5 6 8 9
11 12 13 15 16
18 19 20 22 23
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[04/02 area@管理人]
[04/02 わんこ]
[03/05 Anonymous]
[01/16 area@管理人]
[01/06 通りすがり]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR



Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ