忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://www.geocities.jp/restrer/
Calendar
<< 2017/10 >>
SMTWTFS
1234 567
891011 1213
151617 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
292   291   290   289   288   287   286   285   284   283   282  




足(股関節)を痛めてできなくなったこと 2012/4/14(土)

597
2000年ぐらいに通勤のため毎日歩いているとどうも右足全体に違和感を感じるようになり、母親が長く煩っていたリウマチを疑いリウマチ科のあるクリニックや、別の整形外科にも行ってみましたが原因がわからず、民間療法のカイロプラクティックへもしばらく通いました。しかしそれが股関節の異常からくるものだと見当がついたのが割と最近2~3年ぐらい前のことです

今ではその症状がかなり進行してしまっているようで、安静に寝ていても痛むときがあり、階段はもちろん、歩行にも大いに支障がでてきました。その痛みは様々な文献やネット情報を調べると、変形股関節症かその一部でもある股関節唇損傷か臼蓋形成不全など股関節から来ているものと特定できます。

もう一度整形外科に行って今度はちゃんと股関節を中心に(前回病院へ行ったときは股関節というのがハッキリとわからず右足全体が痛むということで診察を受けた)レントゲンやMRIを受けてみようと思っています。検査したからどうかなるってものではないのですけれどもね。

書籍によると、私の50歳代の年齢が、関節の表面を削って平らにし痛みを発する軟骨の破片等を取り除く関節鏡(内視鏡)手術か、やや大掛かりな人工関節に置き換える手術のギリギリの境目らしく、できれば比較的簡易な関節鏡手術までに収めたく、それには少しでも骨がまだ丈夫なうちに治療を受けたほうがよさそうなのです。

保存手術ならば、うまくいって入院期間がリハビリ期間もいれて2週間から3週間、人工関節手術だと入院だけで1カ月※、完全復帰までには2カ月ぐらいはかかりそうで※、どこかで思い切らないといけないかもしれません。ただ私を含め一般的な勤め人の場合、なかなか1~2カ月間休むなんてできないんですよね。
 ※ネットで調べると入院期間にはかなりの幅とひらきがあり個々の症状によって大きく変わると思われます

さて、そのように股関節を痛めてできなくなったことと言えば、

・しゃがんだり立ち上がったりを繰り返す作業→少し続けるとそのあと数時間動けなくなる
・階段の一段飛ばしや駆け足→痛い側の足で長く体重を支えられない
・座敷などに長時間座ること→元々身体が固く苦手ではあったが
・靴下やズボンをはくのがかなり困難に→痛い側の足がうまく曲がらない
・足の爪切り→痛む右足の爪まで両手が届かなくなってきた
・和式トイレ→股関節が悪い人はまず無理。出先で和式しかないと我慢せざるを得ない
・早足や小走り→横断歩道を通行中、信号が変わりそうでも急に走れない
・10kg以上の重たいものを持つこと→体重をもっと減らせという意見も
・電車の中でなにもつかまらず立つこと→揺れたり押されたとき踏ん張りきれない
・ジッと長く立ったままでいること
・書店での立ち読み→そのせいで書店でブラブラすることが減った
・スポーツ全般→ゴルフ、テニス、スキー、ボーリングなどができない

今のところできること

・自転車・バイク→ただし停まるとき右足をつかないよう細心の注意が必要
・自動車の運転→乗り降りするときだけ苦労するがあとは問題なし
・ゆっくりした散歩程度の歩行→調子の悪いときは右足をひきずり、もっと悪いときは片足で歩く
・上半身のストレッチ、腹筋運動、腕立て伏せ

自宅は以前から洋風(リビングはソファ、寝室はベッド、トイレは洋式)なので、普段の生活はそれほど不自由していなかったということもあり、股関節通を10年以上放置してきたことが、進行に輪をかけてしまったとも言えます。

もっと早くに治療を始めていれば、手術ではなく保存療法と言って日常生活指導、理学療法、薬物治療などにより関節への負担を軽減しながら筋力をつけていくという方法で対処ができたかも知れません。

最終的には手術でもなんでもして、再びゴルフやテニス、山登りなどをやりたいなぁと、元気だったら本当にいまそれやってるの?と聞かれそうですが、ない物ねだりをする日々です。


※2016年人工股関節置換手術をおこないました

変形性股関節症の人工股関節全置換手術(1)初診編
変形性股関節症の人工股関節全置換手術(2)手術前検査編
変形性股関節症の人工股関節全置換手術(3)入院手術編
変形性股関節症の人工股関節全置換手術(4)リハビリ、退院編




リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
股関節症の事が書いて有るのでコメント残します。

私は40代♀の先天性臼蓋不全症です。
判明したのは半年程前です。

圧倒的に女性に多い疾患のようで、あまり男性患者の情報は無いのが現状かもしれません。

手術も視野に入れての今後の検査治療という事ですが、書かれている通り、なかなかお仕事を持たれている方は、休むという事から考えて、手術の時期といものも難しいようです。

私もまだ子育て中で、職は特別には無いものの、それでも人工関節にするには年齢的先々入れ替えも必要になるので早すぎ、リハビリに子育て中の主婦が家を一月も空けるという事は現実出来ません。

私は現在スポーツ整形外科へ罹って居り、リハビリで筋力を付ける運動を毎日自宅でも行って居ります。

私の調べたところ、既に痛みも出て歩行や日常生活に支障を来していれば居る程、歩行時に悪い癖も付いて居り、術前のリハビリを進めるところもあり、事実術前のリハビリで筋力保持、歩行の改善を行う事により、より術後の回復も良好な結果を得られるようですので、是非日常の中で時間を作って、スポーツ整形外科という標榜のあるところへ通われてみてはと思います。

なお、お笑い芸人さんも罹った股関節診損傷は、検査でも解り難いようですが、変形性股関節症と、先天性臼蓋形成不全症は、レントゲンで直ぐに見当がつきますので、直ぐにでも通院されると良いと思います。

この時勢ですから、お仕事も大切ですが、お体も大切にされて下さい。

お大事なさい。
2012-04-15 Sun 12:55
nori
re:はじめまして
noriさんこんにちは!

後日書きますが、結論から言えば、昨日近所の整形外科へ行って検査したところ「右側の変形性股関節症 臼蓋形成不全 股関節唇損傷含む」でした。
レントゲンで左右の股関節を比べるとまったく違い、痛む右側は臼蓋がガタガタにつぶれて隙間もない状態でした。
CE角も左35度に対し15度と酷い状態。
年齢がまだ50代ということで人工股関節よりも保存療法でしばらく様子見です。
整形外科にはリハビリ科も併設されているので、そこで筋力アップ、温熱&低周波療法、抗炎症薬処方と歩行中の杖利用でしばらくしのぐ予定です。

スポーツ整形外科は調べたのですが、近所にはなく、そこへ通院するだけでもたいへんなので、近所の整形外科にしました。
いろいろと情報ありがとうございます。
またいろいろと教えてください。

2012-04-15 Sun 13:47
area@リストラ天国
カウンター
カレンダー
 
09  2017/10  11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/17 area@管理人]
[10/17 浦辻久雄]
[05/31 すいか男]
[04/08 area@管理人]
[04/08 すいか男]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ