忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://restrer.sakura.ne.jp/
Calendar
<< 2019/08 >>
SMTWTFS
12
456 89
111213 1516
181920 2223
25262728 293031
Recent Entry
やっとのことでJ:COMを退会した その4 2019/8/24(土) 2019-08-24
やっとのことでJ:COMを退会した その3 2019/8/21(水) 2019-08-21
8月前半の読書と感想、書評 2019/8/17(土) 2019-08-17
やっとのことでJ:COMを退会した その2 2019/8/14(水) 2019-08-14
やっとのことでJ:COMを退会した その1 2019/8/10(土) 2019-08-10
会社の辞め方、送り出し方 2019/8/7(水) 2019-08-07
小説の舞台を歩く(佐々木譲著編その2) 2019/8/3(土) 2019-08-03
7月後半の読書と感想、書評 2019/7/31(水) 2019-07-31
小説の舞台を歩く(佐々木譲著編その1) 2019/7/27(土) 2019-07-27
トイレ個室の空き不足対策決定版 2019/7/24(水) 2019-07-24
国会議員を半分に減らす方法 2019/7/20(土) 2019-07-20
7月前半の読書と感想、書評 2019/7/17(水) 2019-07-17
雇用と働き方が変化したこの30年 2019/7/13(土) 2019-07-13
2019年6月に見た映画 2019/7/10(水) 2019-07-10
塩分取得過多を反省する 2019/7/6(土) 2019-07-06
6月後半の読書と感想、書評 2019/7/3(水) 2019-07-03
食糧不足と完全食 2019/6/29(土) 2019-06-29
睡眠の不思議について 2019/6/26(水) 2019-06-26
最新の住宅と空き家統計について語る 2019/6/22(土) 2019-06-22
夜でも無灯火走行のクルマをよく見かける 2019/6/19(水) 2019-06-19
Recent Comment
Category
368   367   366   365   364   363   362   361   360   359   358  


673
我が家の年始の朝は、自分が起きた時間に合わせて子供達を無理矢理起こし、年始の挨拶のあとお年玉を渡し(今年からは末っ子のひとりだけになりました)、お雑煮とおせち料理をつまみます。ま、一般的な家庭とあまり変わらない普通のお正月の朝の風景です。

そして、お腹もふくれたら、やたらと分厚い新聞を解体し、広告、テレビ番組一覧、クイズ、本紙などを分離し、本紙の一面トップ(これ重要、元旦の朝刊トップは各社が独占スクープを狙っている)を見た後、チラシの初売り情報をチェックし、必要に応じて行動計画を練ります。今までに大きなものは買ったことがないけれど、どうせ必要なものを買うならば、各社が一番力を入れるこの新春初売りが狙い目です。

2009年~2011年のお正月は3年連続で初日の出を見に未明から出掛け、昼頃には自宅へ帰ってくるというパターンでしたが、昨年(2012年元旦)の朝はどうも天気が不安定で、初日の出は見られない可能性大という予報がありましたので断念しました。確かに雲が多くて綺麗な日の出はみられなかったようです。

今年の元旦はどうしようかと悩みましたが、2009年は筑波山から関東一早く見られる日の出、2010年は海の水平線から登ってくる九十九里浜の日の出、2011年は富士山の裾野から登ってくる日の出と、ま、一度は見たい名所の初日の出を見てきました。なのでもういいかと今年もサボろうと思っていましたが、そう言えば近所に小高い山と展望台があるのを思い出し、しかも近くまでクルマでいけるので、混んでいるのを覚悟して行ってきました。

20130101.jpg

朝はゆっくりとして、午後からはやり残した大掃除の続きをパタパタとおこなって元旦の1日が終わっていきます。

   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「1年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、この言葉は「月令広義(げつりょうこうぎ)」という、中国・明代の馮應京が著した中国の伝統的な年中行事・儀式・しきたりなどを書いた全25巻の書物の中からきています。

明代というと1500年代(16世紀後半)から1600年代初頭(17世紀)ですから、日本では織田信長や豊臣秀吉が活躍し、やがて徳川家康に美味しいところを全部持って行かれた戦国時代後期にあたります。

この「月令広義」の中に、生活を充実させるための四つの計画として「四計」があり、それには「一日の計は晨(あした)にあり、一年の計は春にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」と書かれています。

現代風に訳すと「一日の計は朝にあり、一年の計は春にあり、一生の計は勤めにあり、一家の計は身を修めるにあり」となり、春節(旧暦の正月)=正月・元日となったらしいです。また余談ですがこの「月令広義」には「花咲爺さん」や「織り姫とひこ星の七夕伝説」の原典となった文も載っているそうです。

昔も今も元日(中国では春節)には家族や親族が集まり、1年の無事と健康を願い、縁起物のおせちをいただき、そして初詣に出掛けて平穏無事を神に祈願するというのが正しい日本人(中国人)の過ごし方なのでしょう。

私が子供の頃はお正月三が日といえば、飲食できる店や小売店はどこも営業しているところはなく、せいぜいお年玉を期待するプラモデルショップとお土産期待の洋菓子店だけで、街全体が静まりかえっていた記憶があります。いまでは元日から営業している店も多く、そのせいか大きな神社以外の場所では「特別なお正月の雰囲気」がすっかり消えてしまいました。

せめてこの日記をもって私のお正月「1年の計」として今年のスタートを飾ることにします。




リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
1日・2日と実家に帰省しておりまして、先ほど帰宅しました。
改めて、明けましておめでとうございます。
不況とはいえ、帰路で「いつも行列が出来ている有名なチーズケーキ」を、20分ほど並んで買いました。
そのお店は、某大手百貨店内にあったので、正月セールもあり賑わっておりました。
暗い顔をして行列に並んで待っているのは、私だけかな?と、思ったくらいです。。


2013-01-02 Wed 19:53
マッキー
マッキーさん明けましておめでとうございます!
そうですか、里帰りで親孝行ですね。
暗い顔って、元気出していきましょうよ。から元気でも明るくしているときっと生きている喜びが感じられます。なんて人のことは言えませんね、私も結構暗い顔して仕事しているかも、、、
今年もよろしくです!
2013-01-02 Wed 20:28
area@リストラ天国
カウンター
カレンダー
 
07  2019/08  09
S M T W T F S
1 2
4 5 6 8 9
11 12 13 15 16
18 19 20 22 23
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[04/02 area@管理人]
[04/02 わんこ]
[03/05 Anonymous]
[01/16 area@管理人]
[01/06 通りすがり]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR



Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ