忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://www.geocities.jp/restrer/
Calendar
<< 2018/10 >>
SMTWTFS
12 45
789 1112
141516 1819
212223 252627
28293031
Recent Entry
たこ焼きに執着してみる 2018/10/24(水) 2018-10-24
目標はとりあえず懸垂1回 2018/10/20(土) 2018-10-20
10月前半の読書と感想、書評 2018/10/17(水) 2018-10-17
子供時代によく見たテレビと漫画一覧 2018/10/13(土) 2018-10-13
首都圏一極集中はこの先どうなる? 2018/10/10(水) 2018-10-10
振り逃げとボーク、わかりづらい野球のルール 2018/10/6(土) 2018-10-06
9月後半の読書と感想、書評 2018/10/3(水) 2018-10-03
昭和レトロゲームなど子供時代の玩具 2018/9/29(土) 2018-09-29
新入社員が真っ先に電話に出ることの意味 2018/9/26(水) 2018-09-26
道の駅の活用法 2018/9/22(土) 2018-09-22
女性役員は増えるのか? 2018/9/19(水) 2018-09-19
9月前半の読書と感想、書評 2018/9/15(土) 2018-09-15
災害大国ならではのビジネスチャンス 2018/9/12(水) 2018-09-12
40歳から50歳にかけては人生後半のスタート準備 2018/9/8(土) 2018-09-08
驚くことに日本の労働力人口は今でも増えている 2018/9/5(水) 2018-09-05
国連分担金について思うこと 2018/9/1(土) 2018-09-01
8月後半の読書と感想、書評 2018/8/29(水) 2018-08-29
独身を通すという生き方 2018/8/25(土) 2018-08-25
7~8月に観た映画 2018/8/22(水) 2018-08-22
捨てる技術と捨てられない性格の狭間で 2018/8/19(日) 2018-08-19
Recent Comment
Category
373   372   371   370   369   368   367   366   365   364   363  


678
この冬休みを使って岩手、宮城、福島の東北3県の沿岸地域をひとりでまわってきました。

まず東北へ行くにあたり、被災地を含むエリアへ観光気分で出掛けるのが果たしてどうなのよと心の葛藤がありましたが、まもなく2年が経過するこの時期であれば、言われているように自粛するよりも被災地や観光地に寄って少しでもお金を使うことで役に立てることもあるのでは?と解釈しました。

訪問先は岩手県陸前高田市、宮城県気仙沼市、南三陸町、石巻市、女川町、大川町、松島市、福島県いわき市などです。

観光といえば、15年ぐらい前に安芸の宮島、昨年には天橋立を訪問していますので、今回松島へ行って日本三景コンプリートです。

20130114_001.jpg
写真1:観光船乗り場

その松島ですが、震災後の津波で観光船の半分ぐらいが壊れてしまったそうですが、被害は他の地域とくらべると少なかったそうです。宿の方に話を聞いたところ、松島湾の内外にある多くの島や岩が防波堤になって助かったとのことでした。

20130114_002.jpg
写真2:伊達政宗の菩提寺でもある国宝瑞巌寺

松島を初めて訪れる人の目的は、宿の人に聞いたところによると多い順に、
1)松島湾からの眺めを鑑賞
2)伊達政宗にゆかりある寺社へのお参り
3)松尾芭蕉にゆかりのある場所への観光
だそうですが、それらの観光するエリアが割とコンパクトに集まっているので便利です。

 ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

被災地で比較的大きな都市でもある石巻市や気仙沼市は一見するとすでに震災や津波の傷跡はかなり復旧されていて、少なくとも表面上は気をつけて見ないとわからないぐらいまでに回復してきています。もちろんよく見ると土台だけが残された建物跡や倒壊こそしていないが、完全に水が浸かって窓ガラスがすべて壊れたままの学校などまだそのままになっている状態が見られます。

20130114_003.jpg
写真3:石巻市街地

逆にそれらより小さな町や集落ではなかなか復旧工事が進んでいないようで、がれきこそ一カ所に集められているものの、倒壊したり流された建物のあとがそのまま放置されている箇所を多く見かけました。

報道でもよく登場する石巻市から少し離れた女川町、さらに北上して気仙沼市や陸前高田市、その他海岸沿いの小さな漁港などには以前そこに建物があったとさえわからないぐらいになにもなくなっています。2年経った今でもその光景と、この場所で多くの住人の方が無念にも亡くなられたことを思うと胸が詰まります。

20130114_004.jpg
写真4:陸前高田市(岩手県)

20130114_005.jpg
写真5:南三陸町(宮城県)

20130114_006.jpg
写真6:女川町(宮城県)

20130114_007.jpg
写真7:石巻市立大川小学校

東北3県を中心に1万8千人以上の死者・行方不明者を出したこの東日本大震災が残していった大きな爪痕は、写真や動画で見る以上にずっと激しくまた無慈悲なことだったでしょう。そして生き延びることができた人にも心に大きな傷を残していっただろうと容易に想像がつきます。これからの数年間は復興の工事も大切でしょうが、遺族の方々や被害に遭われた方々の心のケアがとても重要になるのではないでしょうか。

 ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

福島県内は原発事故の影響で立ち入り禁止区域が多く、海岸沿いに下道で縦断するのはあきらめ、ずっと陸側を遠回りをしていわき市へ。小名浜港周辺をまわったあと、そのまま海岸沿いに茨城県へ。

北茨城市にある岡倉天心の住まいの一部だった海岸に建築された美しい六角堂も津波で全壊し、昨年新しい六角堂が再建されていましたので見学をしてきました。住居は少し高い場所にあるので被害はなさそうでしたが、茶室も兼ねていた小さな六角堂は住居のずっと下の岩場にあり、基礎部分だけを残し完全に津波に持って行かれたそうです。

20130114_008.jpg
写真8:五浦六角堂(茨城県)

今回の東北行脚については、被災された方にはすまない思いがずっとありましたが、思うところもあり半ば観光気分の急ぎ足で表面だけを見て回ってきました。阪神淡路大震災の時にもそうでしたが、具体的になにか行動を起こせない自分を恥じ、とてもいらつきますが、ここで見たこと、聞いたこと、感じたことを家族や友人に伝え、そして今後の東北の復興、そして安全な町作りが行われることを願うばかりです。




リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)

 

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
 
09  2018/10  11
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 11 12
14 15 16 18 19
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/07 area@管理人]
[07/07 店長]
[10/17 area@管理人]
[10/17 浦辻久雄]
[05/31 すいか男]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ