忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://restrer.sakura.ne.jp/
Calendar
<< 2019/04 >>
SMTWTFS
12 45
789 1112
141516 1819
212223 252627
282930
Recent Entry
ここ10数年間にみた映画(2) 2019/4/24(水) 2019-04-24
暗黒の1950年代 2019/4/20(土) 2019-04-20
4月前半の読書と感想、書評 2019/4/17(水) 2019-04-17
「今日は○○の日」が多すぎて 2019/4/13(土) 2019-04-13
2019年3月に見た映画 2019/4/10(水) 2019-04-10
ボーイスカウトという組織は生き残れるか? 2019/4/6(土) 2019-04-06
3年以内に3割以上の人が辞めちゃうけど 2019/4/3(水) 2019-04-03
3月後半の読書と感想、書評 2019/3/30(土) 2019-03-30
自分の長所と短所は他人の短所と長所でもある 2019/3/27(水) 2019-03-27
キャッシュレスの流行にあえて逆らってみる 2019/3/23(土) 2019-03-23
トイレのリフォームはいつやる? 2019/3/20(水) 2019-03-20
3月前半の読書と感想、書評 2019/3/16(土) 2019-03-16
2019年2月にみた映画 2019/3/13(水) 2019-03-13
日本とドイツ比べてみると 2019/3/9(土) 2019-03-09
北方領土交渉の行方 2019/3/6(水) 2019-03-06
2月後半の読書と感想、書評 2019/3/2(土) 2019-03-02
格安スマホ(MVNO)を利用してきて思ったこと(2) 2019/2/27(水) 2019-02-27
格安スマホ(MVNO)を利用してきて思ったこと(1) 2019/2/23(土) 2019-02-23
ここ10数年間にみた映画(1) 2019/2/20(水) 2019-02-20
2月前半の読書と感想、書評 2019/2/16(土) 2019-02-16
Recent Comment
Category
370   369   368   367   366   365   364   363   362   361   360  



675
昨年12月に「我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その1」「我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その2」を書きました。その続編です。

【あらすじ】
我が家ではCATV会社と契約し1回線をセットボックス付きの多チャンネルを契約していますが、それとは別に各部屋へ引き込まれている元々のアンテナ線へもCATV会社から地上波(地デジとデジアナ変換)のみ供給を受けています。そのセットボックスのある部屋以外でもBS放送が見られるよう、CATVのアンテナ線にBSアンテナの線を混合してみようと準備をしてきました。しかし肝心の我が家のアンテナ配線がどうも思っていた仕組みになっていない可能性があり、その調査をしながらの工事となります。

家のアンテナ設備の構造を確かめる前、無謀にもすでにAmazonへ注文した混合器(CATV-BS/CSタイプ屋外用)、分波器(1本)、アンテナケーブル(50cm×2本入り)は、年末にもかかわらずすぐに届きました。締めて約4千円(送料込み)。ホームセンターだと品種が少なく選べないし値段も高いしネット通販サマサマです。

bs20121221_004.jpg

まず工事を始める前に、再利用するBSアンテナがちゃんと今でも問題なく映るのかを直接ケーブルとテレビをつないでチェックしました。結果はちゃんと映ったので、問題なく使えることがこれで確認できました。

で、工事は下記の通り。

(1)CATVのボックスの中から分配器(出力端子)に接続されている室内アンテナ線を外す
(2)分配器から外した出力端子に購入した短いアンテナ線を接続
(3)接続したアンテナ線のもう片方を混合器のCATV入力端子に接続
(4)BSアンテナの線を混合器のBS/CS入力端子に接続
(5)混合器の出力端子に(1)で取り外した室内アンテナ線を接続

いったん部屋へ戻り、購入した分波器を室内のアンテナ端子とテレビの地デジとBS端子につなぎます。もし想定通り室内アンテナ端子、分配器が通電するタイプであれば、BSチューナーから電気が送られてBSアンテナが機能するはずなのですが、、、

さてその結果は、、、、、、、、、ダ、ダメでした(泣)

つまりBSアンテナをチューナーに直接つなぐと電気が送られて映りますが、混合器と室内のアンテナ線を経由するとBSアンテナへ送られる電気がどこかで遮断されているようで映りません。混合器と分波器を付けた地上波は問題なく受信できていましたので、このBSアンテナへの電気供給だけが問題のようです。

次に部屋のアンテナ端子を調べてみると、ケーブルは2つきていてinとoutにつながっています。つまり室内へのアンテナの配線は今どき稀な直列型ということです。しかも取り付けられている端子は電流挿入型ではなく電流通過型で、チューナーから電気を送ることができないことがわかりました。で、それをチューナーから送れる電流挿入型のものへ交換しました。

bs20121224_024.jpg

それで、交換した端子につないでテレビから電気を送ってみましたが、やっぱりダメ。ブースターがないので受信電波が弱いから映らないのではなく、まったく受信ができていません(号泣)。

どうせ必要になるだろうとBS用のブースターを買ってきて、それをBSアンテナの近くに設置し、切り離されているブースター電源をアンテナ端子から電気を送ってみましたが、それでもやっぱりダメ。混合器に問題があるのか、それとも家のアンテナ線の直列配線に問題があるのかは謎のままです。

う~ん、、、なぜなんだろう?

復習(これでいいと思ったのですがねぇ、どこが間違っているのでしょう)

【シンプル接続】
            -CATV室内セットボックスへ ○
CATV-ブースター-分配器-ネットモデムへ ○
            -混合器-室内アンテナ-分波器-テレビ BSだけ×
            (常時通電)
              |
             BSアンテナ


bs20121231_010s.jpg

【BSブースター&電源部増設】
            -CATV室内セットボックスへ ○
CATV-ブースター-分配器-ネットモデムへ ○
            -混合器-室内アンテナ-ブースター電源部-分波器-テレビ BSだけ×
            (常時通電)
              |
             ブースター本体
             BSアンテナ


混合器 DXアンテナ 屋外用混合器(CS/BS-IF+CATV/UHF) MC0002CB
室内アンテナ端子(配線直列、電源挿入型)
分波器 HORIC アンテナ分波器 BS・地デジ対応(DCスルー) BCUV-971
ブースター DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター GCU33L2B

原因を特定するためにはテスターが必要です。そのテスターで、テレビから電気(15V電圧)が送られているかを各所でチェックすればなにが原因なのかがわかります。

テスターの代わりに車の整備で使う検電ドライバーがあるのを思い出し、それを使って各所で測ってみたところ、どうも室内のアンテナ線からCATVのボックスまでの区間で電気がシャッタウトされているようです。

想像ですが、CATV設置工事の際、室内アンテナから電気が送られないよう、アンテナ線の途中のどこかに電気を通さないフィルター?を入れられているのかなと思っています。

絶体絶命か?と思ったものの、そこは粘り強さでは負けない私なので、ない知恵を振り絞って考えました。

いっそCATV用のブースターをBS/CS混合器付きブースターへ変更して、そのCATVブースター用の電源をBSアンテナにも送れないか、あるいは、CATV用ブースターの前にBS/CS混合器を入れたらどうかと考えました。頭のいい人ならばすぐに思いつくことですが、私の場合は追い詰められないとダメです。

で、買っておいたCS/BS-IF・UHFブースターを元々付いていたCATV用のブースターと交換し、それにBSアンテナを接続しました。

【ブースター交換】
                 -CATV室内セットボックス&固定電話へ ○
CATV-BS/UHF混合ブースター-分配器-ネットモデムへ ○
     |           -室内アンテナ-分波器-テレビ ○
    BSアンテナ


結果は、各部屋で無事BS放送が綺麗に映りました\(^o^)/

物事はシンプルに考えることですねぇ、、、

無駄な買い物一覧
・室内アンテナ端子(配線直列、電源挿入型)
・混合器 DXアンテナ 屋外用混合器(CS/BS-IF+CATV/UHF) MC0002CB
・50cm+10mアンテナケーブル

【その後判明したこと】
すべてうまくいったと思っていたところ、上記の配線ではなんとCATVで契約している固定電話が使えないことが判明しました。
つまりBS/CS+UHFブースターを挟んだことで、一部のCATV帯域が使えなくなってしまったようです。
そこで、いろいろと試行錯誤してみたところ、CATV用の混合器であればちゃんと電話が通じることから、UHF用のブースターを取り外し、従来のブースターに戻し、その後にCATV用の混合器を入れることで無事すべてうまくいきました。

【元々のブースターの後ろに混合器設置】
                  -CATV室内セットボックス&固定電話へ ○
CATV-ブースター-CATV混合器-分配器-ネットモデムへ ○
           |      -混合器-室内アンテナ-分波器-テレビ ○
           |
         BSアンテナ


我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その1
我が家のテレビ視聴環境改善 準備編その2





関連リンク

リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
NHKにご注意を!
こんにちは。
私は2年前までは、低所得者(住民税非課税世帯)でしたので、「NHK受信料全額免除」でしたが、昨年、少しだけ
収入が上がって、「住民税課税」になった為に、すぐにNHKから「受信料を払ってください」という通知が来ました。

あわててケーブルTV会社に連絡して、めったに見ないBS放送設備を撤去してもらい、地上波だけのNHK受信料金に、変更しました。

貴殿も、もしNHKの調査員が来て「おたくは、BS放送が見れるようなので、地上波とは別料金を支払ってください!」と、訪問に来るかもしれないので、ご注意くださいね・・

2013-01-07 Mon 15:26
マッキー
RE:NHKにご注意を!
マッキーさんこんにちは!

NHKの視聴料(BS含む)はCATV使用料金に含まれていて、すでに支払っていますので、大丈夫だと思います。確か世帯ごとの課金だったと思います。

NHKの料金徴収員はすごいですよね。道路から見える場所にBSアンテナを立てた一週間以内には必ずと言っていいほど徴収にやってきます。以前BSアンテナを立てたときは2~3日でやってきました(笑)
2013-01-07 Mon 16:19
area@リストラ天国
CATVの混合について
CATVはCATVブースターで増幅する必要があります。UHFとは違います。一般的なUHFブースターはCATVの帯域を遮断してしまうために使えないわけです。
UHF:470-770MHz
CATV:10-770MHz
明らかに低い周波数が全てカットされてしまうことがわかると思います。

追伸ですが、CATVでモデムをつないでいる回線は勝手に変更すると回線上にノイズを撒き散らす原因になることもあり、CATVの会社から怒られることがありますのでご注意を。(最悪1ノード(ノード:収容単位)全てに障害が及ぶ可能性もあります。)
2013-02-16 Sat 18:01
鈴峰可憐
RE:CATVの混合について
鈴峰可憐さん

コメントありがとうございます。

一点だけご指摘の点で違うかなと思うのは、やってみてわかったのは、ブースターではなく混合器がCATV対応していないとダメだということでした。

元々CATV会社が取り付けたブースターも、特にCATV用ではなく普通のUHF/BS用の安価な東芝製品でした。
(写真参照:茶色のブースター)
http://restrer.atgj.net/Entry/361/

ややこしいのですが、BS/UHF混合器とかBS/UHF混合ブースターではダメということですね。

あるかどうかは調べていませんが、CATV用の混合ブースターというのがあれば一番よかったですね。

でも詳しくありがとうございました!
2013-02-16 Sat 18:48
area@リストラ天国
無題
>アンテナ線の途中のどこかに電気を通さないフィルター?
>を入れられているのかなと思っています。
かなり遅レスですが、そのフィルターは画像に写っている混合出力の下につる下がっているフィルターですよ。
ハイパスフィルターやってつです。
2015-09-22 Tue 05:08
Anonymous
カウンター
カレンダー
 
03  2019/04  05
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 11 12
14 15 16 18 19
21 22 23 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[04/02 area@管理人]
[04/02 わんこ]
[03/05 Anonymous]
[01/16 area@管理人]
[01/06 通りすがり]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR

Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ