忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://www.geocities.jp/restrer/
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
234 67
91011 1314
161718 2021
232425 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
127   126   125   124   123   122   121   120   119   118   117  

433
先日、今まで原因不明の痛みで苦しんでいた病気がどうも股関節唇損傷のようだと書きました。調べれば調べるほどこれは間違いなく股関節唇損傷と思えます。問題は検査をして手術を受けるか、我慢するかの二者選択しかないということです。
 
サイト(神経内科医の徒然診療日記)で調べると、
 
股関節唇(こかんせつしん)というのは股関節の中の柔らかい組織のことで、この組織が怪我やスポーツで損傷すると脚の付け根に痛みが発生する場合があります。股関節の唇損傷であっても坐骨神経痛や滑液胞炎や原因不明の痛みと判断される事が多いのは、レントゲンやMRIなどの通常行われる検査や診断ではわかりにくいからです。
 
とありますが、私も内科や整形外科ではレントゲンも撮りましたが「不明」ということで終わっていました。私の場合、スポーツで損傷したわけでなく、20年近く右手に重い荷物を持って出歩く仕事をずっとやってきたのと、身体や関節が硬いことを気にして時々激しくストレッチをやっていたことによると思われます。
 
股関節唇損傷するとかなりの確率で関節が動く時に音がパキンと鳴ったり関節がずれているような変な感覚があったりします。
 
そう、右側だけ大腿骨がグリグリと動いてずれたような感じがしています。それ自体では痛みはないのですが気持ち悪い違和感を感じます。
 
その他の症状としてはふとした動作のときに違和感がある場合があります。例えば椅子から立ち上がる時や股関節をひねったとき、足の爪を切ったり靴下を履くときなど痛みが生じる場合があります。
 
私の場合はクルマに乗り降りする際、右足を軸にして少し身体をひねりながら乗り降りするので(国産乗用車の場合はほとんどそう)、その時が一番痛みます。あと歩くときも真っ直ぐに歩いている分にはどうってことないのですが、右足に長く体重が乗ってしまったり、対面の人とぶつかりそうになって、サッと横に避けようとするとギクっと痛みます。
 
日常の生活に支障をきたす程ではありませんが車の乗り降りや買い物で重いものを持ったりスポーツをしたり階段を上り下りすると一瞬、激しい痛みを感じることがあります。
 
まさにおっしゃるとおり!1日歩き回ったり、立ち仕事をやっているとその痛みは半端ありません。またその痛む右足股関節をかばって歩くものだから、その負担が左足へ余分にかかり、左足まで痛むことが時々あります。
 
股関節の唇損傷の手術方法は股関節鏡を使い関節唇を覗きながらシェーバーや電気メスや各種のパンチを使用しながら股関節の損傷した関節唇を切り取ります。
 
うぅ痛そうだなぁ。麻酔はかかっているとはいえ局部だろうし。松本人志の場合は「股関節鏡を使って2時間の手術」と出ていました。ただ手術中は肺が動かず呼吸ができないそうで人工呼吸器を使っていたとのことです。なんだか大がかり。
 
症例には股関節の痛みで整形外科を何度も受診されていた方を股関節鏡で検査したとろころ股関節唇損傷がわかり切除手術を行いました。すると手術した翌日には松葉杖を使ってですが歩けるようになり、1週間で歩いて退院できるようになったという例もあります。
 
手術をすると1週間ぐらいは入院加療が必要ということなんでしょうかね。でも退院したからと言ってもいきなり満員電車で長時間通勤というのも厳しいでしょうから、なんだかんだ2~3週間は無理せず療養というのが正しいのかも知れません。またある人のブログでは「1~2カ月は入院が必要ですが手術しますか?」と言われて断念したというのもありました。
 
先日年1回ある健康診断で、内科医と話しをする機会が二度あり、せっかくだから「右足がどうも股関節唇損傷のようなんですが」と聞いてみたんですが、両方とも医者は「え、股関節がどうした?」って顔をされて、この病気の知識はまったくないという感じでした。
 
一人目の歳を取った内科医は「ちょっと立って」と言い、ツボかなにかわからないけど腰をグイグイ指で押し「どう楽になった?」と。そんなんで痛みが消えれば世話ありません。正直に「痛いだけ」と答えると急にその医者は不機嫌になりました。後ろにいた看護師さんも苦笑いしていましたが、わがままで独善的な医者なのでしょう。
 
二人目の若い医者は「そりゃ、MRI診断ができる大きな総合病院へ行きなさい(キッパリ)」と。「大学病院ではなく総合病院のほうがいいんですか?」と聞いてみると「大学病院は紹介状がいるし長く待たされる。総合病院のほうがいいな」と。「紹介状がいるならあんたが書いてくれればいいじゃん」と思いましたが、気のない「はぁ」とだけ返事しておきました。
 
というのも、股関節唇損傷をネットで調べると浜松医大病院とか慈恵医大病院、山梨医大付属病院など大学病院が多く出てきますので、股関節治療に関しては、総合病院よりも進んでいるのかなって思っていたのですが。
 
とにかく健康診断に出てくる内科医というのは、成人病や慢性病なんかには詳しいかもしれませんが、この「股関節唇損傷」のような珍しい病気にはまったくと言っていいほど知識がないということがわかりました。
 
そりゃ過去に内科(クリニック)や整形外科(総合病院)へ行ったときの医者もまったくわからなかったし、気がつかなかったような病気ですから、やむを得ないのでしょうね。
 
股関節唇損傷友の会でも設立して情報交換でも始めようかと密かに検討中です(USO)。

※2016年に人工股関節置換手術をおこないました

変形性股関節症の人工股関節全置換手術(1)初診編
変形性股関節症の人工股関節全置換手術(2)手術前検査編
変形性股関節症の人工股関節全置換手術(3)入院手術編
変形性股関節症の人工股関節全置換手術(4)リハビリ、退院編


リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記アーカイブス)
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
テスト投稿
タイトルが表示されないエラーのテスト
2010-10-03 Sun 18:47
area
股関節唇損傷について
股関節唇損傷の原因は、そのまま外傷で起こる場合
骨形態異常 股関節インピンジメントや 臼蓋形成不全が元々あり、それにより二次的に損傷される場合が有ります。
日本の多くの施設での治療方法は、デブリートメントといって切除してしまう方法を行っていますが、欧米では間違った治療方法と考えられています。なぜならば、股関節唇は、大腿骨頭の周囲をシーリングしており、骨頭を吸引して関節を安定化させる役目があります。従って、私たちの治療法は関節鏡視下に、股関節唇を死守すべく、股関節唇を縫合します。既に変性してしまって縫合できない場合には、股関節唇の代わりになる腱を採取して、股関節唇を関節鏡視下に移植します。
詳しくは上記のブログをご参照ください。
2011-06-11 Sat 06:46
関節鏡のファンタジスタ
カウンター
カレンダー
 
06  2017/07  08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 13 14
16 17 18 20 21
23 24 25 27 28 29
30 31
最新コメント
[05/31 すいか男]
[04/08 area@管理人]
[04/08 すいか男]
[11/22 Anonymous]
[11/03 restrer@管理人]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ