忍者ブログ
リストラ天国 ~失業・解雇から身を守りましょう~ HomePage http://www.geocities.jp/restrer/
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
234 67
91011 1314
161718 2021
232425 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
118   117   116   115   114   113   112   111   110   109   108  


424
超売れっ子ダウンタウンの松本人志が入院して手術をおこなったことが、芸能ニュースで大きく取り上げられていました。病気の治療がネタとなり、治療中にも関わらず仕事への復帰が期待されたりと人気者のたいへんさがよくわかります。もっとも多くのレギュラー出演番組への影響などがあり、本人はもとより関係者もその調整などが大変だったことでしょう。
 
芸能ニュースにはまったく関心がない私ですが、彼の病気が「股関節唇損傷 (こかんせつしんそんしょう)」という珍しい病気だと知り、もしやと思ってその内容を調べてみると、なんと私を10年以上悩まし続けている原因不明の股関節痛の症状と非常に似ていることが判明しました。
 
この股関節唇損傷は発見が医者でも非常に難しく、造影剤を用いた磁気共鳴画像(MRI)で、しかもそれを疑って注意深く調べないと発見ができない症状と言うことです。特にスポーツ整形外科医だとそのようなケースはよく理解していて発見しやすいということです。
 
股関節唇とは、股関節の骨盤側の周囲にある軟骨のことで、関節の中に収まっている大腿骨の上の部分が、外れるのを防ぐため土手のような役割をしているとのこと。ここに裂け目が入った状態が「股関節唇損傷」です。裂けた股関節唇の破片が、股関節の動きを妨げて痛みを引き起こすということです。
 
なぜこういうことが起きるかと言えば、個人差があってハッキリしていないそうですが「長年の酷使」「無理な力のかけ方」「体質」などにより、間接が摩耗し炎症を起こしてしまいには損傷する場合があるということです。
 
先週の日曜日に「アッコにおまかせ」というTV番組中で、和田アキ子が退院後の松本人志から話しを聞いたところ「時々ピピーンと脳天まで痛みが突き上げることがあった」と言っていたそうで、実は私もまさにその現象が時々起こります。
 
私の痛みはなかなか文章や口では説明がしづらく、右大腿骨と股関節の接合部分がカクカクゴロゴロする(それの痛みはない)のと、痛みは慢性的に右股関節付近と、時には右足全体にまで拡がります。そして上記に書いたように突然脳天まで突き上げるしびれが走るときがあります。
 
過去には内科(リウマチ科)や整形外科に通い、血液検査、レントゲン検査などもおこないましたが、すべてに「異常なし」と診断され、ひどいときには「運動不足による筋肉痛じゃないですか?」ぐらい言われてきましたが、股関節唇損傷なら普通の医者では発見できない病気なのでそのようなものかもしれません。
 
普段はやや右足を引きずる程度で、痛みの少ないときは日常の生活には不便はなく、しかも病院へ行っても原因がわからなかった以上放置しておくしかありません。しばらく民間療養のカイロプラクティックへ通った時がありましたが、最初のうちはすごくよく効いて、痛みもしばらくは収まっていましたが、しばらく経過すると元に戻ってしまい、やがて施術しても効かなくなってきたのと、キリがない(お金が続かない)ので今はやめています。
 
そして長く歩いたり階段の上り下りが多いときには、どうしても痛む右足をかばってしまい無理な体勢で長く歩き続けることになりますので、そのような時には右足だけでなく左足にも違和感が起き、道路でしばらく痛みが収まるまでしゃがんでいなければならないときがありました。
 
また自動車の運転席側に乗るときには、左足を先に車内に入れてから、シートに座ることになりますが、その際一瞬ですが、右足だけに全体重がかかり、しかも頭を下げ身体を少しひねって乗り降りすることになります。この乗り降りするときが実は一番つらいのです。
 
私の場合は、子供の頃から身体が硬く、股関節も硬いので、中年になってからも時々ストレッチをして股関節を柔らかくしようと努力していました。そうしないと靴のひもを結んだり靴下を自分ではけなくなってしまいます。それがいけなかったのかもしれません。10数年前頃から右股関節から右足全体にかけて痛みが走るようになり、現在はそれが慢性化しています。
 
そのストレッチというのが、床に座った姿勢で両足を曲げて足の裏側同士をぴったりとくっつけてかかとを身体に引き寄せます。そして膝の部分を左右に開いて床にくっつけるというものです。この股関節を柔らかくするストレッチは高校生の時に通っていた空手道場で毎回練習前と練習後にあり、身体が硬い私にはその両膝の上に人が乗っかって無理矢理拡げるような非情な時も何度かありました。柔らかい人は簡単に両膝が左右の床につくのですが、私は昔も今も全然つきません。
 
まだ若かった頃はそれでも股関節唇が傷つくことがなかったのですが、20~30代の頃には営業関連の仕事で毎日10数キロは重い鞄を抱えて歩き回っていたことや、年齢を重ねてからも無理なストレッチで間接を傷め、股関節唇が損傷した結果ではないかと思っています。
 
で、この病気を完治するには手術しか方法はないようですが、症状が軽ければ「無理をせず安静にしていればいい」、しかし同時に「足の負担を少なくするために太ってはいけない」「筋力を落とさないように適度な運動をする」と矛盾だらけの療法で本当に困ってしまいます。
 
もちろん仕事はそうそう選べないし、続けなきゃならないので安静にしたくてもできないという事情もあります。障害者認定でもしてくれれば、いいのですけど、痛みがほとんどない時もあれば、少ない時は健常者となにも変わりがないので、それも難しいのでしょうね。

続・股関節唇損傷 2010/10/1

おやじの主張(リストラ天国 日記アーカイブス)

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私もです
結局手術なしで温存療法を選択されているのですか?
私も最近股関節唇損傷ではないかという痛みがありまして
悩んでいます。

低侵襲で1cm足らずの傷で股関節鏡の手術なら
受けてもいいとは思うのですが・・・

2011-04-01 Fri 13:40
ぷりんぱふぇ
RE:私もです
ぷりんぱふぇさんこんばんは!

この痛みは周りからあまり理解してもらえませんので、つらいときがありますね。普段まっすぐ立っていたり歩く分には問題ないのですが、少しねじったり、横からぶつかられると支えきれずに倒れてしまいます。

> 温存療法を選択されているのですか?

今のところ特に手当はしていませんが、年々痛みはひどくなってきています(泣)

お風呂などでじっくり温めると痛みは少なくなるので温存療法がいいみたいですね。

ネットで手術の様子を読むと、一週間ぐらいで(松葉杖で)歩けるようになるものもありますが、一ヶ月以上入院とリハビリ覚悟というものもありますので、サラリーマンだとちょっと手術するにはハードルが高そうです。
2011-04-01 Fri 23:33
area
こ、こわい・・・
二回も手術して良くならない人の話をYAHOOでみつけちゃいました。


http://health.yahoo.co.jp/soudan/detail/question.html?mid=6804004&.done=http%3A%2F%2Fhealth.yahoo.co.jp%2Fsoudan%2Fcat%2F%3Fc%3D2019

ダウンタウンの松本さんは本当に良くなったんでしょうかね?

私、今日20分ぐらい重いものを持って歩いたんですけど、反対に痛くないんです。

医師に安静とは言われてましたが、どうしてでしょうね?

いろいろ調べましたら、ストレッチもいいとありますし、
軽い運動だと痛みが軽減するんでしょうか?

でも放ったおいたら60代か70代で人工股関節になるのでしょうね。

こわい・・・

areaさんもお大事にしてくださいね。
2011-05-05 Thu 19:41
ぷりんぱふぇ
RE:こ、こわい・・・
ぷりんぱふぇさんこんばんは!

> 二回も手術して良くならない人の話をYAHOOでみつけちゃいました

う~む、この手術はあまりメジャーでもないので、難しいんでしょうかねぇ。

想像するに、通常のレントゲンでは特定できず、造影剤を使ったMRIで、しかも注意してみないとわからないというものですから、術中にレントゲンを診ながら確認することもできず、結果的には終わってみないと成功したかどうかがわからないという、経験と勘でおこなわれているような気がします。

それだけに一部の経験豊富な医師に診てもらわないと、失敗することも多いのではないかと思います。

このまま我慢を続けていくか、どこかで思い切って手術をするか、悩むところですが、紹介された事例などを読む限り、手術は躊躇われますね。

ぷりんぱふぇさんもどうぞお大事になさってください。
また関連する情報でもあればお教えください。
2011-05-05 Thu 21:14
area
何人か
こんにちは。股関節唇損傷もこちらから「もしかしたらそうじゃないか?」といって3人目の医師でやっとそうかも、という感じでそこらへんの町の開業医は見落とす症例ですわ。

炎症が起きていて放置しておくと骨が溶けると言われましたよ。
でも手術もねえ・・・

ネットを調べていて思ったのは普通の整形外科ではダメで
スポーツ整形外科、スポーツ医学の専門の整形に行ったほうがいいのではないかと思いました。

股関節唇損傷を見落とす医師が多すぎます。

手術しても痛みが変わらないのであれば我慢したほうがいいですかねえ。でもいつも股関節のことを気にして歩いたり立ったりしています。

北九州の病院にはるばる行こうと思ってたのですがYAHOOのこの書き込みを見ると躊躇しますね。
2011-05-07 Sat 15:41
ぷりんぱふぇ
RE:何人か
ぷりんぱふぇさんこんばんは!

確かに手術してでも治したいのはやまやまなのですが、さすがに(最大)1ヶ月近くも仕事を休むわけにもいかず、我慢するしかないかなぁって思っています。

でも放置しているので、年々痛くなってきて、それをかばうので、他の関節にも影響が出てきたりして、騙し騙しやってます。

もし検査や手術をされるのでしたら、ぜひまた教えてくださいね。
2011-05-08 Sun 00:11
area
カウンター
カレンダー
 
06  2017/07  08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 13 14
16 17 18 20 21
23 24 25 27 28 29
30 31
最新コメント
[05/31 すいか男]
[04/08 area@管理人]
[04/08 すいか男]
[11/22 Anonymous]
[11/03 restrer@管理人]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
area@リストラ天国
HP:
性別:
男性
職業:
今のところ会社員
趣味:
ドライブ・日帰り温泉
自己紹介:
過去に上場企業の役員とリストラ解雇で就職浪人の経験がある、紆余曲折の人生を歩む、しがないオヤヂです。
お勧めPR
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ